いいパーツを取り付けている改造車

何かしらのオプションを付けている車も、改造車に含まれます。 いいオプションを付けている車は、通常よりも古楽で売れるので、外さないで査定に出してください。 オプションを外して車と、部品と個別に査定を任せても高額な査定金額は期待できません。 カーナビやオーディオ機器がオプションになります。

足回りを改造している車でもいい

エアサスペンションやショックアブソーバーを付けた車は、改造車に分類されます。 足回りを本格的に改造していると、査定を受ける時にマイナスに働くと思っている人がいるでしょう。 しかしルール違反をしていない車であれば、高く買い取ってくれます。 タイヤやホイールも、一緒に売りましょう。

査定金額を下げてしまう改造

改造といってもいろんな種類があります。 査定金額を高める改造もあれば、逆に下げてしまう改造もあるので注意してください。 どんな改造をしていると、査定金額が下がるのでしょうか。 大きすぎるエアロパーツや、タイヤをつけえいる改造車は価値が下がります。

オプションを付けている

カーナビやオーディオ機器などを取りつけている改造車は、メーカーによって買取価格がアップする可能性があります。
純正のメーカーのものや、人気が高いメーカーだったら普通の状態で売るよりも、高く売れます。
過去に取りつけた部品を、再び外してから査定に出すのも面倒です。
また部品もまとめて売った方が、高く売れることが多いです。
改造していても遠慮しないで、お店に査定を任せてください。

サスペンションや車高の高さを変えるためにショックアブソーバーを取りつけた車も、実は高額で買い取ってくれるお店が多いです。
何もついていない状態で売った時に比べ、30万円以上も高く売れたという人が見られます。
タイヤやホイールも、デザインがよければ高額で売れます。
タイヤは、冬タイヤと夏タイヤの両方があれば、まとめて売ることをおすすめします。
買い取った車は再び商品になりますが、タイヤが揃っていれば買い手が見つかりやすいので、高価格で買取ってくれる傾向が見られます。

しかし、やはり買取価格が下がってしまう改造もあるので気をつけてください。
それは主に車検を通れない改造車です。
かなり改造している車は、買い取りを断られるケースもあります。
どのような改造だと、価値が下がるのか調べておきましょう。
改造しているパーツを取り外して、純正のパーツを取り付けると価格が少しは高くなります。
車を改造している人は、純正のパーツを失くさないよう保管しておきましょう。